上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
精神的にとか肉体的にとか、疲れが蓄積されてくると、
たまに無性に泣きたくなることがあります。

笑ったり怒ったりでは解消できない、蓄積されたストレスが、
さめざめとでもワンワンとでも、泣くという行為によってリセットされる効用があるような気がするからです。

最近も久しぶりにそのポイントが来てしまい、
我慢せずにさめざめと泣くことにしました。
Qが居るときに泣くと怒られるため(なんで怒るのか謎)、Qの居ないときを見計らい実行。
本当はひとりでさめざめとやりたかったのですが、
オハナを放っておくわけにもいかず、仕方がないので一緒に寝転びながら泣いてみました。

そうしたところ。
オハナが、頭をなぜたり、オデコやホッペにチューしてくれたり、ギューっと抱きしめてくれたり、
全身全霊で慰めてくれました・・・
すごいなーこの子は大人みたいだなーと思いながらそれに甘える母。

子供の教育的には良くないかも知れないですが、
わたしは本当にこの子に支えてもらってるんだな。
わたしがあげられる以上のことを、本当に毎日毎日もらってばかりいるんだな、ということを本気で実感しました。

最後にはオハナが「オンマ、ウルジマー(ママ、泣かないのよ~)」と歌うように言うので、
あまりに可愛らしくって笑えてきました。

オハナと出会えて本当に良かったです。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。