上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.11 複雑なこころ
先日、ジョンマは出張で2泊3日で日本に行って来ました。

出張なので、もちろんオハナはお留守番。

オハナはお話がまだ出来ないので、この出張中も電話で話かけることはできても会話にはならず
しかも途中で充電切れてしまい、2日目の途中からは連絡もできない状態でした。

そして、帰国日。

Qとおばあちゃんに連れられ、空港には愛しいオハナの姿が!!

「オハナ~~~会いたかったよう」と駆け寄るジョンマに、

なんとオハナはシカト攻撃をしたのです!

目も合わせてくれず、まるで母とは認識していないような態度。

これには全員びっくりで、
「居ない間、あんなに”オンマ~オンマ~~”と言ってたのに・・・」と。

いちおう、「お母さんにチューして」とか「お母さんとギューってしよう?」とか言うと、
それだけはするんです。

でも目は逸らすし、
これは何というか、完全にイジケている状態…。

これまでも出張で家を空けることはあったし、残業も多い仕事なので寝顔しか見れない、
みたいな日が続いたこともあったのに、それでもいっつも駆け寄って来ては再会を喜ぶオハナだったのに…。

・・・・もう母としては悲しくって仕方がない。

帰りの車の中でずーーーっと抱っこしてチューして
「会いたかったよーごめんねーオハナ~~」と話しかけること30分。
やっとオハナもこころを開いてくれ、久々に「オンマ…」と・・・。

そして痛いくらい抱きついてきて胸に顔を埋めてきました。

オハナとしてもお母さんが居ないこと、いつまで待っても帰ってきてくれないことに、
小さな胸を痛めていたようです。


この日は、一緒に眠るまで、ずーーーっとずーーーーーとこれ以上はくっつけないというくらいくっついてました。


わたしが居ないとただその不在に大泣きするだけだったオハナが、
こんな風にいじけてみたり、寂しい気持ちをうまく表現できなかったり、仲直りしてニコニコしたり、
そんな複雑なこころの動きをするようになったんだなーと、一緒に居てあげられなかった反省も含め、
とても感慨深かったです。


働く母として、オハナにはこれからも寂しい思いはさせてしまうかも知れない…。

でも、一緒に居られるわずかな時間はすべてオハナに注いで、
大切に大切にしていきたいと改めて思いました。





関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。