上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.10 川上 弘美
最近、一番こころにしっくり来る作家。

大学生のころに読んだ「蛇を踏む」は理解が難しかったですが、今はとてもフィットします。


おめでとう (新潮文庫)おめでとう (新潮文庫)
(2003/06)
川上 弘美

商品詳細を見る



「先生の鞄」「ニシノユキヒコの恋と冒険」もお勧め。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。